Pocket

6畳・ワンルームの狭小部屋を広く見せるためにはいくつかのポイントがあります。家具のレイアウトを工夫してみるのも効果がありますが、あるモノを変えたり置き方を工夫するだけでも広く感じることができます。

それはどういうテクニックでしょうか?

今回は【6畳・ワンルーム】狭小部屋を広く見せるテクニックとは?をご紹介します!

6畳の広さは関東関西・マンションなどでも違う

6畳

photo credit: http://woodhome.jp/

6畳の広さは関東と関西によっても若干の違いがありますが、さらに一戸建住宅か賃貸によっても違います。また、縦長の部屋や真四角の部屋でも家具のレイアウト次第で部屋の雰囲気が変わってきます。

畳6枚分の狭いさに家具を置いたら狭くなるは当然ですよね。でも少しでも広く見せるための工夫をしてみましょう。

 

家具を統一させて色味を少なくする

6畳

photo credit: interior-heart.com

家具の色を統一させカラーの数を少なくすると、部屋全体がまとまり感のあるお部屋になります。狭い部屋に多くの色がひしめき合っているとそれだけでも乱雑なイメージになってしまします。

ナチュラルな家具で統一させ、日常で使っているこまごまとしたものをスッキリ片付けておくだけでも部屋が広く感じられます。

スポンサード リンク

 

6畳和室をリメイクしたメンズの部屋

ワンルーム

photo credit:http://room2009.blog54.fc2.com/

元々は6畳の和室だった部屋を壁面収納を充実させて広い空間を確保。家具のレイアウト次第でこんなに広く感じられるなんてスゴイですね。

落ち着いたブラウンのメンズ部屋に観葉植物のグリーンが映えています。狭い部屋だからこそ床に置かず高さを出した演出も見事です。

 

狭い部屋の窓辺はすっきりとさせる

シェード

photo credit:http://www.windowsandwalls.com/

狭い部屋に重厚なカーテンではバランスが取れません。上から垂れ下がっているカーテンは結構な圧迫感がありますが、このようなローマンシェードのようなすっきりとしたものを使うと軽いイメージが作れ、お部屋も広く見えます。

 

白い部屋は広く見える効果が絶大

 

白い部屋

photo credit:http://casa.abril.com.br/

白効果ってやっぱりすごいです。まとまりのないカラーの洪水は、狭い部屋を更に狭く見せるだけですが、白でコーディネートされた部屋は清潔感も感じられすっきりとした印象になります。

反対に狭い部屋のNGカラーは黒ですが、黒い陰影が付くため更に狭く感じてしまうからです。

 

和室6畳のコーデをモダンに

和室

photo credit:http://gakipon.seesaa.net/

6畳間の畳を生かした参考例です。全体的に低いコンパクトな家具を使えば、ソファやテーブルだって置くことができます。畳を隠さなくても、畳と相性がいいモダンなお部屋にすれば落ち着きのあるおしゃれな空間がつくれます。

こちらの畳の記事も参考にどうぞ♪

関連記事⇒畳の部屋が断然オシャレになる7つのテクニック

【マンションインテリア】シブさとオシャレさを際立たせる、和モダンの作り方

 

空間を出すためにあえて区切る

ワンルーム

photo credit:http://www.apartmenttherapy.com/

6畳の狭い部屋でも収納家具を上手く利用して区切ってしまうのも手。デスク周りが狭いと案外集中できたり、スイスイ手が届く場所にステーショナリーがあると使い勝手も良くなりますね。

あえて収納棚で区切ってプライベート空間を作り、空きスペースを広くするというやり方です。

 

大きな鏡を置く

ワンルーム

photo credit:http://www.bohemianandchic.com/

大きな鏡(姿見)を置くと部屋の広がりを錯覚で感じられます。でもこれって狭い店内でもよく使われている手法です。おしゃれなミラーを立てかけておくと、パリジェンヌのお部屋のようになるのでその効果も狙ってデザイン性のあるものを使いましょう。

 

家具を壁に寄せる

ワンルーム

photo credit:http://www.apartmenttherapy.com/

縦長の部屋なら壁に家具を寄せてなるべく床面積を出しておくと、部屋が広くなります。壁にベッドを寄せてボックスで間仕切りができるのもこのレイアウトです。

両方向からディスプレーが楽しめて、家具を寄せることで床に空きスペースが作れます。

こちらの記事もどうぞ!⇒狭い部屋を有効に!家具のレイアウトで変わる最適なパターン例

 

まとめ

6畳の狭い部屋を広く見せるテクニックのご紹介でした。窓辺のカーテンは意外とドレープや上から垂れ下がってる布(カーテン)で重く感じることがあります。それならシェードタイプに変えて、すっきりさせてみてもいいですね。

今回のまとめた記事で個人的にとても良かったのは、2番目にご紹介した「6畳の和室をリメイクしたお部屋」です。壁面収納のアイデアは素晴らしいものがありますので、皆さんも参考にさせてもらいましょ♪

スポンサード リンク

ゲーム感覚で勝手に参加中!~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ


最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

 

Pocket