Pocket

どんどん増えていくバッグやカバン。皆さんはどうしまっていますか?アイデアがあればいつもの収納量がアップできたり、無造作に置いていたバッグの置き方をちょっと変えるだけでおしゃれに収納ができるものです。
今回はおしゃれに見えて、収納量もたくさんとれる方法をご紹介します!

スポンサード リンク

 

クローゼットの棚に収納

バッグ収納画像元:domainehome

クローゼットの中に洋服と一緒に収納。クローゼットの中にしまうやり方をしている人は多いのではないでしょうか。ポイントはバッグを横向きではなく、縦方向に置くことでバッグをたくさんしまうことができます。

積み重ねができるケースで収納量アップ

バッグ収納画像元:theglitterguide

積み重ねられるプラスチックケースを使えば、たくさんのバッグを収納することができます。積み重ねタイプのケースは、側面から出し入れができるものを選びましょう。

デッドスペースを活用する

バッグ収納画像元:shelterness

もしお部屋の中にデッドスペースがあったら、バッグ専用の棚を作ってみてはいかがでしょうか。フックやワイヤーラックを取り付けて、増えたバッグの量に合わせどんどん付け足していけるやり方です。

バッグ専用の収納ケースを使う

ぶら下げタイプ

バッグ収納画像元:shelterness

ぶら下げタイプのバッグ収納ケースを使えば、縦方向に収まるのでクローゼットの中でも邪魔になりません。

二段ラックタイプ

バッグ収納画像元:beneathmyheart

二段のラックは取り出しやすく、しまいやすいのがいいところです。

置き型タイプ

バッグ収納画像元:lushome

置き型タイプの収納ケースはコンパクトなものが多く、バッグが少くない方にオススメです。あまり場所を取らずに収納ができるのがいいですね。

洗濯ばさみを使う

バッグ収納画像元:shelterness

チェーンにどんどん洗濯ばさみを取り付けてバッグの持ち手部分を挟んだ収納法です。100円ショップを活用した安上がりで簡単なやり方です。

ショップように飾って収納

バッグ収納画像元:spaaz.de

たくさんの棚やフックが付いている収納棚です。お気に入りのバッグやカバンをショップのディスプレーのように見せてしまうやり方。思い切って見せる収納にすると常に目線が行き届くので、散らかりや汚れをこまめにチェックできるので常に美しい状態がキープできます。

S字フックを使う

バッグ収納画像元:organizeyourstuffnow

S字フックを使ってぶら下げて収納する空間を利用した方法です。

壁を使ってアートのように飾る

バッグ収納画像元:willowartstudios

棚の下にポールを付けてフックでバッグの収納をしています。壁全体をディスプレーの収納として捉え、アクセサリーも一緒におしゃれに収納。フレームや枝を使ってアート感覚で。

ボックスに入れて収納

バッグ収納画像元:shelterness

ボックスの中にしまうだけの簡単な収納法。ボックスはどんどん増えていくことを考えて、同じシリーズのもので揃えていくと統一感が出てきます。

壁のフックにかける

バッグ収納画像元:remodelandolacasa

壁に棚とフックを取り付けて収納。簡単に片付けられるので散らかりもなくなります。

 

スポンサード リンク

まとめ

いろいろなアイデアをご紹介しましたが、クローゼットや壁、ドアやデッドスペースを活用する方法など、ご自身で一番片づけしやすい場所に収納しましょう。散らかる原因の一つは、面倒な場所に収納を設置してしまうので“ついその辺へ置いてしまう”からではないでしょうか。
すぐにしまえる所なら面倒なく収納できるので、いつでも片付いてるキレイな状態をキープしておくことができます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

flower1966

 

ゲーム感覚で参加中~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ
にほんブログ村

 

管理人
拡散していただけますと、管理人が泣いて喜びます!

 

Pocket