Pocket

セラフィット

皆さんご存知の「驚くほど焦付かないフライパン」で一躍有名になったセラフィットを使ってみた感想と、セラフィットでお困りになってる方やこれからご検討されてる方へのアドバイスになれば幸いです。

結論から言いますと、「驚くほどくっつかない!」は、「驚くほどこびりつく!」でした・・・でも、最後まで読み進めていってくださいね。

 

コマーシャルにまんまと・・・

セラフィットをテレビで見たときにこんな演出と紹介がわたしを釘付けにしたのです。

それは、餃子やオムレツが油を引かなくてもスルっとお皿に落ちていくところや、食材を真っ黒になるまで焦がし、サッとふき取るだけでツルっとキレイに汚れが落ちていたのです。

さらに!

畳みかけるように、体格の大きくて力の強そうな外人のおじさんが、思いっきりフライパンをコインでガンガン叩いたりこすっているではありませんか!

驚くことに、まったくキズが付いていないのです!

「油いらずで料理が作れる」という説明も、主婦層を狙ってのヘルシーさを強調していて、北斗晶さんもコマーシャルをやっていることに信用してしまい、わたしは買うことにしたのです。

スポンサーリンク

 

なぜセラフィットは焦付かないのか

セラフィット

もう、買ってから10ヶ月以上経っています。

購入の時は3個セットになっていて、正直3個もいらなかったのですが「3個セット+野菜スライサー付き」でしたので、おトク感も感じてしまったんですね。

驚くほど焦付かないフライパン“セラフィット”は、コーティングにセラミックを使用しているため焦げ付きにくいです。十分な厚みがあり、繰り返し使用しても歪みにくく、丈夫で長持ちするセラミックフライパンです。

出典:ショップジャパン

セラミックがコーティングされているため焦げ付きにくいと表記されています。

それでは実際使ってみた結果をお見せします。
*油ならしや説明書に書いてある主な諸注意は守っています。

 

目玉焼きを作った結果

油はいらないはずなのですが、とても油を引かないでは料理ができません。(油を引き中火を守り焼いています)

目玉焼き

 

結果は・・・

 

こげ

このような状態で目玉焼きがなかなかフライパンから離れず、黄身は流れだしぐちゃぐちゃでトホホな朝食になってしまうのです。

 

でも、このこびりつきはサッとひと拭きするだけで取れるはず・・・!

こげつき

ぜんぜん落とせません。こんなこびりつきを落とすのに時間がかかってしまい、毎回なんてとてもやっていられません。

これが餃子となるとイライラ度はマックスになります。キレイな焼き目がつくどころか、皮ごとくっついてしまいボロボロぐちゃぐちゃな状態に。顔に三本筋が入る男子もいます。

泣きたくなるのはわたしです泣;;

 

とうとう、洗っても完全には落とせなくなってしまいました。

こびりつき

この焦げ付きの表面はツルツルしています。しみ込んでる?という事でしょうか?これでは不衛生で使えません!

 

ショップジャパンへ電話をしてみました

まだ購入してから一年も経っていないのに、ほんの数ヶ月でこの状態になってしまったので、原因を探りたくショップジャパンへ問い合わせてみました。

対応された方の第一印象は「またか」とでも言いたそうな、ヤレヤレ感いっぱいの応答だったので、苦情がたくさんあるのかなという印象です。

 

原因と対策

電話でのやりとりをまとめます。

Q:火力は弱火~中火で使っていたのになぜ焦付くのですか?(わたしはIH5の中火を使ってました)

A:IHの場合は2~4までの弱火~中火で時間をかけてゆっくり火を通してください
  ガスの場合は、鍋に炎が触れない程度なのでしょうか。

中火と言っても弱火に近い中火でないと焦付くそうです。

 

Q:使っているうちにフライパンにキズや穴が付いたのですが?(金属のヘラは使っていません)

A:使用していればキズは付きます。

全然キズが付かないことはなく、付きにくいのだそうです。 

 

Q:油を使わないと料理ができませんが?

A:油ならしが大事で、最初の一回だけではなくしばらく行う必要があり、表面のおうとつ(セラミックを指す)に油をしみ込ませたペーパーで磨いていき、油でならさない(平らにという意味)と焦付きます。

確かにこれは説明書に書いてあり、使っているうちにそのお手入れはしていませんでした。

 

これでは説明書にはあいまいな点があり、解釈によって正しい使い方をしていない消費者がたくさんいらっしゃるのではないかと思われます。

中火の感覚は人それぞれですし、油ならしの見極め方なんて分かりません。

わたしの手入れの仕方が不十分だったのもあるのですが、一年未満(購入当時の規定)ということで保証対象となり新しいセラフィットと交換していただきました。(使っていません)

 

まとめ

セラフィットは焦付かないのではなく、焦げ付きにくいということです。長持ちさせるためには

・油ならしは長期間行うこと
・弱火に近い中火で時間をかけてゆっくり調理すること

もし、セラフィットをお使いで、焦げ付きやこびりつき・キズなどで困っていたら問い合わせてみましょう。保証期間であれば交換してくれるかもしれません。

 

スポンサーリンク

ゲーム感覚で勝手に参加中!

~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ
にほんブログ村

 

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

Pocket