Pocket

片付けても片付けてもすぐにリバウンドしてしまう部屋・・・困っていませんか?今回はリバウンドしなくなる片付けの方法とコツをご紹介します。片づけが苦手な人は本当に片付けがイヤなんですよね。それなら散らからない方法でキレイをキープしましょう。

今回は汚い部屋はもうさようなら。これで大丈夫!ごみ屋敷にならない方法とコツをご紹介します!

収納スペースに対して、しまう分量は7~8割と考える

決まった収納スペースにしまえる量、例えばクローゼットの中なら、収納しておきたいものを7~8割程度の量を目安にしましょう。これはしまいやすく取り出しやすい分量です。たくさんモノが溢れかえっていると、どんどん奥へ突っ込んでしまいますよね。これが積み重なってしまい、結局は片付けるのが面倒くさくなってしまうのです。

クローゼット

Photo credit:gattox

収納スペースがない?

そんな時は突っ張り棒を使うと収納力がアップします。棚の中に突っ張り棒を付けてヒールを掛けたりなど、使い方次第で収納力がアップできる利用法です。

靴箱

 

スポンサード リンク

使うもので収納を分ける

子どもがリビングでおもちゃを広げて遊び終わったら、おもちゃを片づける専用の棚やボックスに片付けるようにしましょう。ボックスやケースがあるとついなんでもかんでも放り込んでしまいますが、それがごちゃごちゃになってしまう一歩なのです。

カラーボックス

 

おしゃれに見せるように心がける

おしゃれに見せる収納は見ていても気持ちのいいものですよね。できるだけスッキリした収納を心がけるようにして、「散らかったな」と思ったら、すぐに片づける習慣をつけましょう。

長続きさせるコツは、自分のルールを決めて崩さないようにキープすることです。

クローゼット

Photo credit:buzzfeed

理想の部屋をイメージする

住みたいお部屋、理想の部屋(家)をイメージしましょう。理想が立てられると、それに近づけたくなりますよね。雑誌やネットを見て「こんな風にしたいな」というお部屋を探してみましょう。

リビング

Photo credit:bloglovin

それでも、こうなってしまったら・・・

ここまで散らかってしまったら、片付けるしかありません。片付けるときは「今日は絶対、床が見えるようにするぞ!」と、心に決めてとりかかる事が大事です。決めてしまったらアレコレ考えずに片っ端からどんどん手をかけていきましょう。

考えるヒマなく、手を休めることなく一気にやってしまう行動が必要なのです。

片付け

Photo credit:hubpages

 まとめ

ごみ屋敷にならないための方法とコツをご紹介しました。毎日の掃除や片付けができるのが理想ですが、忙しい毎日はなかなかそうはいかないものですよね。片付けは大変ですが、大変になる前に「散らかってきたな」と、思ったときがチャンスだと思って、アレコレ考えずに行動に移すことがキレイになる一歩です。

スポンサード リンク

  

ゲーム感覚で参加中~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

Pocket