Pocket

今回ご紹介するのは、I型キッチンのよくあるお悩みの解決方法です。I型は、作業スペースがない、収納量が少ない、オープンなので隠せない・・・などのお悩みではないでしょうか。

オープンキッチンの特性を生かした、おしゃれでキレイなキッチンを考えてみましょう。

今回はオープンなⅠ型キッチンを憧れのアイランドにして収納力も倍増にする!をご紹介します!

オープンタイプのI型キッチン

I型キッチンの壁付けタイプはコストが低いのが特徴です。ダイニングやリビングと一体感があり、何と言っても開放感があります。シンクの近くに窓があれば採光がとれてLDKつづきの開放的で明るいキッチンになります。

言ってみれば、家族と一緒にいる感覚で料理をするという感じですね。

キッチン

Photo credit:cleanup

 スポンサード リンク

見えるキッチンは清潔感を出して

リビング・ダイニングから見渡すことができるキッチン。でも、来客が来たときは、ちょっと心配なことも・・・。
ごちゃごちゃしたキッチン、コーディネートされてないバラバラなキッチン。これではちょっと恥ずかしい思いをするかもしれません。

それでは解決策を考えていきましょう!

清潔感のあるキッチンをつくる

まず、大事なことは統一感を出すこと
    1・LDKとつながっているため、カラーのコーディネートが大事
    2・見せる収納を意識して、炊飯ジャーや電子レンジなどの家電の収納を工夫する
    3・ゴミ箱は見えないようにする

1・カラーのコーディネート

I型はシンクとコンロが一直線上にあるため、コンパクトなタイプになります。食器棚や冷蔵庫のカラーがそれぞれ違うとバラバラ感が出てしまいます。同じカラーで統一感を持たせましょう。

キッチン

Photo credit:キッチン.リフォームナビ

2・家電の収納場所

ダイニングとキッチンの仕切りになり、アイランドになるカウンターを使えば大丈夫!カウンターの仕切りでキッチンを隠すことができますし、家電を置けるタイプを使えばLDから見えなくなります。

キッチン

Photo credit:tagle

 

3・ゴミ箱は隠したい!

例えば家電を別の場所に置き、カウンターをゴミ箱専用のものにしてもいいですね。だいたい分別するゴミ箱は2~3コもあるので、これがLDから丸見えになると抵抗を感じます。

でも!

ゴミ箱内蔵のカウンターを使えば、ゴミ箱を隠しておくことができます♪

キッチン

Photo credit:MOKA

食材を入れるパントリーが欲しい

「パントリーが欲しいけどないのよね」というお悩みなら、収納を優先したカウンターを置きましょう。料理の作業がしやすくなって、収納も兼ねる万能なカウンターになります。

カウンター

Photo credit:housetelling

 

cooltext115508243599974

オススメの記事

パントリー収納で片づくキッチンを目指す!【1・収納アイデア】

パントリー収納で片づくキッチンをめざす!【2・パントリーをつくる方法】

【キッチン収納】タイプ別でみる、鍋やフライパンの賢い収納法

 

まとめ

I型キッチンの良さは明るく開放的でコストが低いことです。ですが、オープンゆえの悩みとしては、丸見えになってしまうこと。でも、カウンターを使ってLDを仕切ってしまえば憧れのアイランドキッチンになり収納力も倍増します!

 

スポンサード リンク

 最後まで読んでくださってありがとうございました。

flower1966

 

管理人
拡散していただけますと、管理人が泣いて喜びます!

 

 

 

Pocket