Pocket

毎日の食卓に並ぶ食料品やキッチン用品は使いやすく機能的に収納したいですね。パントリーはストックしておけるだけでなく、足りない食材を把握しておくこともできます。

また、「ついうっかり消費期限が切れてしまった・・・」とならないために、棚の収納を分かりやすくしておくことも大切です。

 

美しいキッチンをつくるために

キッチン周りのすっきり片付かない原因の一つとして、収納場所の不足があります。食材を保管しておく収納はパントリーですが、収納場所のほとんどが食器や鍋などの調理器具だけで占領してしまうなんてこともありますよね。理想は食材も保管できるパントリーを作ってすっきりと片付いたキッチンを目指していきましょう。

パントリー収納

Photo credit : 富士住研

スポンサーリンク

 

パントリーはどこにあるのがいいのか?

基本的にはキッチンのすぐ近くが機能的で使いやすさが一番であることは確かですね。料理がしやすい動線を考えて、パントリーを確保したいものです。キッチンに余裕がなければダイニングに収納棚をつくっておくのがいいでしょう。パントリーは食材だけでなく、キッチンツールを一緒にそろえてひとまとめにしておくことで、キッチンを美しく保つ事ができます。

パントリー収納
Photo credit:Pinterest 

 

見渡したときにわかりやすく

パントリーの中の食品はどこになにがあるのかが、ひと目でわかるようにしておくことが大事です。ケースが便利だからと言ってなんでもかんでもポイポイ入れてしまうと結局探すことから始まります。立たせたり見やすくしたりなどの工夫をして、わかるように整理しておきましょう。

パントリー画像元:shanty

 

食材はどこに収納する?

メタルラックなどのサイズを自由に選ぶことができる収納棚は、お部屋のサイズや収納量に合わせて組み合わせができるのでオススメ。ダイニングに見せる収納として設置する場合は、カゴなどを使ってまとめて収納すると見た目もすっきりします。

パントリー収納
Photo credit:Pinterest 

 メタルラック最安値!

 

憧れのワインセラーをつくる

ワインやボトルは専用のラックを使えばワインセラーとして保管しておくことができます。棚の中に専用のラックを使えばおしゃれなワイン・ボトル収納になります。

パントリー収納

Photo credit:Pinterest 

 

 

100均ケースを利用する

100円ショップのプラスチックケース使い、分かりやすいようにラベリング。よくありがちなのは、粉ものは「とりあえずのケース」に入れて、残りはクリップや輪ゴムなどで留めて別の場所に保管していませんか?これは二重に収納場所を取ってしまいます。

グラム単位ですっぽり入るケースを利用すれば全部を入れてしまえるので、使いかけの袋が出てくることがありません。

パントリー収納 Photo credit:Pinterest 

 

使いかけの袋の収納法

突っ張り棒やポールを取り付けて、S字フックを使いぶら下げるアイデアです。使いかけの袋は意外と多く、場所をとってしまいます。棚の上部のデッドスペースを利用した賢い収納法ですね。

パントリー収納Photo credit:Pinterest 

関連記事狭い場所でもOK!食品を保管する場所やパントリーを作るアイデアをご紹介

 

まとめ

キッチンはいつもキレイで整然とさせておくのが理想ですが、限られた収納スペースはアイデアを出して収納量がより多くしまえる工夫をしたいものです。パッと見て見渡せる食材の保管や作業効率を考えた取り出しやすい収納を目指したいところです。 

 

スポンサーリンク
 

ゲーム感覚で参加中

~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ
にほんブログ村

 最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

 

Pocket