Pocket

フライパン収納

かさばる鍋やフライパン、蓋などの収納は取り出しやすくしまいやすいのが一番の収納法です。

オープンなキッチン、扉タイプ、引き出しタイプなど、シンク下のスペースにどう収納しているか、素敵ブロガーさんの素敵なアイデア収納をまとめました。

今回は【キッチン収納】タイプ別でみる、鍋やフライパンの賢い収納法をご紹介します!

 

扉タイプの収納 

仕切りスタンドを使う

扉タイプの場合は縦の空間を有効に使うことがポイントです。仕切りスタンドを重ねて鍋の一つ一つを独立させ、取り出しやすくしまいやすくなっているところがポイントになっています。また、仕切りスタンドを横ではなく立たせることで、縦方向の空間を有効に使っています。

IMG_4009_convert_20110130205958

参照元:しあわせ色の毎日

奥行きを生かしたラックを使う

ワイヤーや突っ張り棚を駆使した奥行きを有効に使った収納です。プラスチックケースでフライパンを仕切り、取り出しやすくしています。

20130205_150859

参照元:*Little Home*

 

▼扉タイプのオススメ商品

扉タイプのキッチンは引き出し式のスライドにとても憧れますが、それに変わるこんな商品を見つけました。これなら縦空間を有効に使うことができ、スライド式なので取り出しやすさは抜群です。

 

引き出しタイプ

100均ケースを使う

フライパンや調味料を入れているプラスチックケースは100円ショップのファイルBOXだそうです。鍋類が独立しているだけでなく、調味料が動かず倒れる心配もないですね。ケースの中を十分に活用しています。

a0201116_1442316

参照元:IEbiyori

縦方向に収納する

3つのレーンを作って同じ方向に分別するやり方です。よく使うものを手前に置けば引き出しを全部引っ張らなくて済むのがいいですね。

o0800053312274984742

参照元:脱ズボラ主婦のインテリア

鍋と蓋をそのままセットで収納する

鍋を区切ることなくそのまま収納。蓋を別に収納することもないので楽にしまうことができます。スペースに余裕があればこの方法が一番です。

b0198721_9315287

参照元:暮らしのはこ

伸縮式フライパンラックを使う

こちらはわが家でやってるフライパン収納です。伸縮ラックの良さは一つ一つを独立させて立てているので取り出しやすさは抜群です。

こちらに詳しく書いてあります⇒伸縮式フライパンラックの良さとコンロ下の引き出し収納

 

フライパン収納

 

▼こちらを使っています 

 

オープンな収納

突っ張り式ラックを使う

引き出しや扉の中にしまわず、オープンな収納法はなんと言っても使うときに便利です。突っ張り式のラックならキズを付けることもありません。

キッチンラック

参照元:http://goods.fitss.com/

S字フックを使う

鍋やフライパンをS字フックを使って吊り下げる収納法。オープンキッチンの場合、見た目が重視になるので焦げ付きやキッチンツールにこだわりを持たないと難しいやり方です。独立型のキッチンなら問題はないでしょう。S字フックで吊り下げる

3ae53cfec8265bb92a46e14c5aea9211

参照元:Pinterest

 

まとめ

いかがだったでしょうか。キッチンのタイプによって収納法は変わってきますが、低い位置に収納する場合、見やすさが取り出しやすさの基準になってきますので、伸縮式や引き出しタイプのラックを使うことで奥のものが取り出しやすくなります。いろいろなアイデアで快適な収納をめざしましょう!

スポンサード リンク

 

ゲーム感覚で参加中

~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ
にほんブログ村

 最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

Pocket