Pocket

キッチンカウンター

キッチンカウンターをリメイクしてみました。

リメイクしたくなった理由は・・・

・作業台として使ってるコンセント部分が邪魔
・来客時に対面式のキッチンカウンターとして使いたい
・キッチンに白いモザイクタイルがあることに憧れている

これが今回の目的です。

タイルは目地材を使わない簡単に貼り付けが出来るシートタイプを使ってみましたが、想像で作ったリメイクにはちょっと失敗する点もあり、これからトライしてみようとする方への参考になっていただければ幸いです。

それではキッチンカウンターのリメイク工程をご紹介します♪

スポンサーリンク

作業台として使ってるカウンター

キッチンカウンター

こちらがキッチンの真ん中に置いて作業台として使っているカウンターです。

コンセント(右上)が付いてますが、まったく使ってなく裏のコードもぶらぶらしているので気になるところでした。

不要なコンセントをすっぽり塞いでカウンタートップの隅々まで有効に使えるように、早速リメイク開始です。

シールタイプのモザイクタイルを使用♪

タイル

今回使うのがシールタイプのモザイクタイル。

タイル張りは目地材を塗る作業が初心者にはなかなか困難ですよね。でも、シールタイプなら簡単にペタリとくっつき、要らない部分もハサミでカットすることが出来ます。

タイルは6コ×6コ(15cm×15cm)の正方形になっていて、厚みは6mmほど。一枚590円とリーズナブルなタイルシートを選びました。

作業工程1.コンセントの高さにかさ上げする

キッチンカウンター

カウンタートップにそのままタイルを貼り付けても良かったのですが、使わないコンセントの微妙な高さは邪魔になって仕方ない。笑

隅々までモノが置けないし、せっかくのタイルなので一面を貼り付けます。

高さを調整するために使ったのは家にあった梱包材。

<反省点1>土台になる部分は梱包材のような柔らかいものより、板の方がしっかりします。

作業工程2.ダンボールで土台を作る

ダンボールで蓋をしたキッチンカウンター

カウンター裏のコードは、ガムテープでしっかり固定しておきます。

面が平らな状態になるようにダンボールを貼り付け、ガムテープで固定。

<反省点2>ダンボールよりベニア板のような強度のあるものがオススメです!壁紙を貼ったあとがまっすぐでキレイな仕上りになると思います。

簡単に済ませようとするズボラな私の失敗だー(≡ε≡;A)…

作業工程3.モザイクタイルを借り置きする

白いタイル

カウンタートップにモザイクタイルを並べて、余分な部分はハサミで切り落とします。

目地部分がまっすぐになるようにタイルの向きを確認しながら借り置きを。

作業工程4.タイルを貼る

しろいタイルの裏側

モザイクタイルの裏側はこのようになっていて、シートを剥がせば簡単に貼り付けることが出来ます。

目地材タイプは目地材やハケなど別途用意する必要がありますが、シールタイプならこのままでOKなのがいいですね。

目地材は塗り方も難しく、きっと不器用な私は指を天麩羅粉状態にボテボテさせてし

カウンタートップの仕上がり♪

タイル白

こんな感じになりました。

ダンボールでちょっと浮いた感じがあったのですが、シート一枚の重さが252gあるので、重みでなんとかまあまあの出来具合に♪

作業工程5.引き出しの取っ手を外す

 引き出し取っ手

次の工程はレンガの壁紙を貼り付けます。引き出しの取っ手部分をすべて外します。

・・・が!

一個だけネジがサビてて外れません(`-д-;)ゞ
悪戦苦闘すること10分・・・ネジ穴がつぶれそうなので諦めて・・・

・・・仕方ないのでこのまま次へいきましょう。

作業工程6.レンガ調の壁紙を貼り付ける

貼り付けレンガ壁紙

壁紙は前回⇒簡単手軽にウォールデコ!ピアノをデコったら想像以上の仕上がりになりました!で、一度挑戦していたので今回は楽勝ルン♪と思いきや・・・

今回の壁紙は“のりタイプ”で、これがなかなかキレイにカットできないのです。

レンガの質感がレトロな感じで可愛かったので即購入しちゃったのですが、専用のカッターの刃を使ってもなかなかコツがいる感じです。

やり方は
1.サイズを測り印を付ける
2.シートの裏側の線にそって切り取っていく(この時大きめに切り取り取るのがポイント)
3.貼り付け余分な部分を専用のカッターで慎重に切り落としていく

貼り付けはやり直しがきいて簡単に空気泡も手で押し出せます。特に専用のハケは使っていません。

外れない取っ手部分の貼り方

レンガシート

外れない取っ手部分は仕方ないので、グルンと回してカッターで切り込みを入れなんとか成功しました。

最後に取っ手を取り付ければ完成です。

出来上がり♪

キッチンカウンターレンガを張った

壁紙とは思えない、本物のレンガのような質感があります。 

リメイクキッチンカウンター

ある時は作業台として

 キッチンカウンターリメイク

ダンボールでふさいでしまったので多少ボコボコした感がありますが(笑)、カウンタートップは上出来です。

邪魔だったコンセントやコードがなくなりスッキリ!

ふだんはキッチンの真ん中に作業台として使用。

ある時はキッチンカウンターに♪ 

キッチンカウンター

お友達やファミリーが来るときはクルっと向きを変えれば、接待しやすい対面式のキッチンカウンターにヽ(〃v〃)ノ ワ~イ

これでお料理やジュースなどなどたくさん置けます~♪

タイルシートなのに本格的!

 タイル白

目地部分を揃えて貼るのが、キレイに見えるポイントですね。

掃除は普通に拭き取りでOKですが目地部分は浸み込むとやっかいなので、汚れを見つけ次第退治します!

本格的なモザイクタイルに仕上がり大満足です。

こちらを使っています

 

 

こちらもよく読まれています:参考になる!おしゃれなカッティングシートを使った参考例と通販まとめ

 

まとめ

壁紙やタイルを貼る際は、下地にベニア板などのしっかりした平なものを使うと仕上がりはこれとは比べ物にならないくらい美しく仕上がると思います。

壁紙の“のりタイプ”は、ちょっと力を入れすぎると破けたりするので気を付けてください。(私が不器用なだけかもしれませんので、もしかするともっとスムーズに貼れるかもです)

スポンサーリンク
 

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ にほんブログ村

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

Pocket