Pocket

洗濯物をお部屋に干すご家庭は意外と多いようです。共働きや帰宅時間を考えると部屋干しの方が安心できる、ということもありますよね。

梅雨時や雨が続く場合も便利な、物干しのお役立ちアイテムをまとめました。

今回は洗濯物の部屋干し対策・便利なお役立ちアイテムご紹介!をご紹介します!

 

邪魔にならない、スタイリッシュな物干し

室内干し

グッドデザインを受賞しているこちらの物干しは、今までの常識を覆す画期的な物干しでとにかくスタイリッシュ!

洗濯物をワイヤーに掛けて干すタイプですが、使わないときはワイヤーを収納しておけるので、物干しの存在をお部屋に出したくない人向けのアイテムです。

レビューポイントは星5つが多い高評価になっています。

↓室内物干しワイヤーの詳細はこちら↓

 

エアコンの下でガッツリ干す

室内干し

 photo credit:dinos

早く乾かすならやっぱりエアコンの下が一番ですね。大量にある洗濯物はエアコンの下に大型の物干しをセット。エアコンのタイマーをセットしておけば、帰宅のころにはしっかり乾いています。

 

タオルは洗面所に干すと時短になる

室内干し

フェイスタオルやバスタオルは洗濯が終わったらそのままタオルハンガーへ。空調設備も付いているので、思ったより早く乾かせます。

すぐに使うタオルは乾いたものをそのまま使えるので時短になもなりグッド。

↓省スペースでたっぷり干せるタオルハンガー↓ 

 

カーテンを閉じても干せる便利な物干し

室内干し

洗濯物を夜にするならカーテンの邪魔にならない物干しがオススメです。カーテンレールに引っ掛けたハンガーは、カーテンの開け閉めの際に移動しなければならないのでとても面倒。

これなら干したままカーテンの開け閉めが出来るのでラクチンです。

↓カーテンを閉じたまま干せる窓枠物干し↓

 

浴室乾燥機を利用した物干し

浴室物干し

リビングや寝室に干すと湿気がこもりどうしても結露やカビの問題が出てきますが、浴室乾燥機を使えば早く乾かすことができます。

セーターなどを干すときはフラットな状態にして乾かせるので、シワや水垂れの心配もありません。使わないときは、たたむと7cmとコンパクトになるのでわずかなスペースに収納させておけます。

↓浴室の乾燥を利用する物干し↓

 

室内干しの臭い対策はこうする!

洗濯-容量-分量-洗濯機-入れる目安-入れる分量

1、 洗濯槽を定期的に掃除をしてカビや雑菌を取るだけでも生乾きの臭いが驚くほどスッキリ

2、洗濯をするときは詰め込みすぎず、7~8分目の量の衣類を洗うことで、汚れが落ち皮脂などの臭いも残りません

3、すすぎはお風呂の残り湯を使わない

4、洗剤と漂白剤を混ぜて使う

5、除菌効果のある衣類スプレーを吹きかける

6、早く乾かす

 

新聞紙は乾燥剤

新聞紙

 

新聞紙は除湿や防臭効果があるので、洗濯物の下に敷いて乾かしましょう!

 

まとめ

室内干しをメインにしている人は湿気やカビの対策も心がけておきましょう。洗濯物はできるだけ早く乾かすとで雑菌が増えることがなく臭い対策にもつながります。

 

スポンサード リンク

ゲーム感覚で勝手に参加中!

~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

Pocket