Pocket

ワンルームの狭いお部屋は家具のレイアウトがカギ!ムダのない配置で広くすっきり見せるにはちょっとしたポイントがあります。好みのスタイルでレイアウトを上手に取り入れ、おしゃれで快適な自分空間を作りましょう。

今回は狭い部屋を有効に!家具のレイアウトで変わる最適なパターン例をご紹介します!

 

窓に平行させてベッドを置くと・・・

ワンルーム

画像元:nissen

長方形のお部屋が多いワンルームは窓に沿ってベッドを配置すると、お部屋の中心が正方形になるのでソファやテーブルを置くことが可能になり空間が広々となるメリットがあります。

 

ベッドを壁に寄せると・・・

一人暮らし

画像元:1hitorigurashi

お部屋の中で大きなウェイトを占めるベッドを壁に寄せた配置は、収納家具も壁に寄せることでベランダの通り道ができ明るくて動線効率のいいレイアウトになります。

 

収納をベッドに寄せると・・・

ワンルーム

画像元:nissen

こちらは収納家具を壁ではなくベッドに寄せたレイアウトです。寝床の間仕切りとして収納家具配置させると、セパレートされた独立させた空間になります。

 

間仕切りを使ったパターン

収納棚を間仕切りにする

一人暮らし

画像元:ediva.gr

ベッドとソファの間に収納家具を配置してセパレートした参考例。寝床が完全に独立したスタイルですが、収納家具に背面がないので圧迫感を感じません。

 

家具を使って間仕切りをする

デスク

画像元:hachihachi

デスクの向きを明るい窓方向に向けて間仕切りをした参考例です。窓から入ってくる明るさを遮らないように、高さの低いデスクを配置した機能的なお部屋になっています。

スポンサード リンク

 

プチダイニングをつくるなら

一人暮らし

画像元:rakuten

「食べる」空間と「寝る」空間を離した参考例です。ベッド近くで食事を取らず、プチテーブルでダイニング空間を独立させると、ごちゃまぜ気分から開放されます。

 

スッキリ見せるためには、家具の高さやカラーを揃える

家具

画像元:matsumoto-kagu

収納家具の高さやカラーを統一させると見た目がすっきりするだけでなく、お部屋全体のまとまりが感じられます。インテリアの基本のスタイルとも言われるこのやり方は、インテリアのコーディネートに自信のない方の心強いコーデポイントです。

 

家具を低くすると部屋が広く見える

家具

画像元:locari

床に近い家具になればなるほど天井の高さが高くなるため広々とした空間になります。

 

壁を利用したレイアウト

レイアウト

画像元:seikatsuzacca

壁を利用して棚を付けたりウォールデコレーションで、自分だけのオリジナルなコーディネートを楽しむのも素敵。賃貸の場合は壁に穴を開けられない事が多いのですが、最近ではまったく目立たないピンなどを利用されている方も多いです。

賃貸でもOK!壁に時計や額縁が飾れる実力アイテムをご紹介

 

家具のラインを揃えてみると・・・

レイアウト画像元:nissen

家具の配置をバラバラに置くとごちゃごちゃとした印象になりますが、高さが揃った家具を壁のラインに合わせると、狭いお部屋がすっきりと見え統一感のあるお部屋になります。

 

まとめ

ベッドの置き方でレイアウトが変わってきますので、まずは大きなウェイトを占めるベッドの配置を考えましょう。収納家具は色・デザイン・高さを揃えることが狭いお部屋をすっきり見せるポイントになってきます。

 

スポンサード リンク

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ゲーム感覚で参加中

~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ
にほんブログ村

 最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

Pocket