Pocket

縦長のリビング・ダイニングは一般的でとてもレイアウトのしやすい間取りです。お部屋の広さによってテーブルやソファをどう配置するかがポイントになってきますが、今回はいろいろなシミュレーションでまとめてみました。

お部屋を広く使うカギは、テーブル(ダイニング用とリビング用)がそもそも2つ必要なのか?という事や、ソファのないリビングならどんな感じになるのかな?…がイメージできたら幸いです。

 

縦長リビングの困ったを解決!

横幅が狭い場合

縦長リビング

photo credit: http://decoholic.org/

横幅が狭いと圧迫感を感じてしまうので家具やソファは座高の低いもので揃えると広く感じます。意外と場所を狭く見せてしまうのがカーテンです。カーテンを閉めるとひだの部分が窮屈さを感じる原因になることも。

ロールスクリーンや縦型ブラインドのようなものでスッキリさせるのもオススメです。

カーテンの種類窓辺の演出を素敵にするカーテンの種類と名前

 

和室の襖がインテリアに合わない時は

襖リメイク

photo credit: http://msmile.seesaa.net/

和のテイストがリビングにあるとインテリアのコーディネートが難しくなる事がありますよね。それなら襖をリメイクしてみても◎リメイクシートを使えば簡単に和室の部屋がなかったかのような洋室ドアに様変わりします。

ポイントは取っ手部分にこだわりを出してドアっぽくしてみましょう。

 

縦長のメリットは大型テレビが置ける!

テレビ

photo credit: http://www.muramur.ca/

テレビの大画面が置けるのは「縦長リビングならでは」ではないでしょうか。6畳や8畳に47インチではかなり巨大になってしまいますが、縦長のリビングなら大きくても違和感がなくダイニングからも映画館のようなド迫力で観れますよね。

 スポンサー リンク

 

リビング&ダイニングの快適なレイアウト

広く見せる効果のある配置

リビング

photo credit: http://ameblo.jp/

一般的な配置例はこんな感じですね。リビングとダイニングの空間を一つの繋がりにすることでお部屋を広く見せる効果があります。何よりキッチンに立つことが多い主婦にとって見渡せるのがいいですよね。テレビも観れますし(笑)

 

ダイニングとリビングを仕切ったレイアウト

リビング

photo credit: pinterest

リビングとダイニングの空間をあえて分けたい場合は仕切りを使うのが簡単です。ソファの背中部分をダイニングに向けて仕切ったり、家具を入れて仕切ることもあります。

この配置はLDが広くないと出来ないのがデメリットですね。

 

ダイニングテーブルを置かない参考例

リビング

photo credit: http://comobit.com/

LDが狭い場合ダイニングテーブルとリビングテーブルの両方を置くことはムダに空間をとってしまいます。キッチンカウンターをダイニング空間として使えばリビングが広く使えます。

リビングルームのくつろぎ空間を主体にするなら、思い切ってお部屋の真ん中にセットして広く使う工夫をすると快適になりますね。

 

ダイニングテーブルをコンパクトにした例

リビングダイニング

photo credit: http://ameblo.jp/

家族の人数が少なければダイニングスペースをコンパクトにして、その分リビングを広くするのも空間の広がりを出すことができます。家具を統一させてすっきり見せましょう。

 

ソファを置かないアイデア

リビング

photo credit: http://blog.ur-net.go.jp/

まだ子どもが小さかったらリビングとダイニングのスペースを区切らず、一つの空間にしてしまうのもいいですね。ソファは必要ないと考えるご家庭も多く、円卓テーブルを中心に360度見渡せるリビングが魅力になります。

子どもの成長と共に今後どうレイアウトしていくのかをテーマに、ゆっくり考えていくのもいいですよね。

 

リビングにキッズスペースを作る

リビングキッズスペース

photo credit: http://folk-media.com/

長いリビングなら片隅にキッズスペースを設けてみてはどうでしょうか。小さなお子さんが遊ぶときは目の届くところで遊ばせるのが安心です。生活空間と仕切るためにラグを敷いてその中に収納も収めてしまいましょう。

『おもちゃはラグの外には出さない』とか、子ども専用のルールを作ってあげると散らかりもなくなります。

関連記事マンションインテリアをおしゃれクールなシンプルモダンに近づける方法

 

まとめ

縦長のLDはとても使いやすくリビングとダイニング空間を分けることができるのがメリットです。広さが十分に取れない場合は、ダイニング兼リビングとしてテーブルを減らしたりソファのない配置にしてみるなど、家財を極力減らす工夫をして快適な空間をつくりましょう。

スポンサー リンク

ゲーム感覚で勝手に参加中!

~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ


最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

Pocket