Pocket

 

玄関

 

 今日はいつものまとめ記事から離れてわが家のインテリア事情についてのブログです。

家を建てるときにわたしの中でこだわっていたものがありました。果たしてそれは実現できたのでしょうか・・・。

 

スポンサーリンク

 

家を建てるときのこだわり

数年前に家を建てました。

わたしの中で、絶対譲れなかったものがありました。

 

それは

『吹き抜けで開放感のある明るい南向き玄関』

であることと

『憧れのサーキュラー階段』

にしたいという事でした。

 

エントランスは明るく日差しが差し込み

お花や季節の草花を飾る愉しみを持ちたかったのです。

 

玄関のフォーカルポイントで決まる家の印象

玄関階段

 

玄関のドアを開けると真っ先に目に飛び込んでくるのがこの階段です。

なので、ここがわが家のフォーカルポイントになっています。

 

2階からの吹き抜けの明るさと開放感はこだわりをもってつくった甲斐がありました。

 

玄関階段斜め

 

こだわり続けた階段

南向き玄関に豪華なサーキュラー階段のある家がわたしの憧れでした。

 

しかし、3階建ては構造状の問題で、

吹き抜けがあって開放感もあるデザイン手すりは難しいと忠告されたのです。

 

ガーン!!!

 

これが本当かどうかは素人にはわかりません。

 

出されたプランは、デザイン手すりにこだわるなら

1階~2階をデザイン階段にして、2階~3階は壁の階段にする」か

1階~2階と2階~3階の階段を別々の場所に造るか」の2つでした。

 

もしかすると輸入住宅メーカーを選んでいれば

わたしが憧れていた“サーキュラー階段”

叶えられていたかもしれません。

 

泣きました・゚・(。>Д<。)・゚・

 

今となってはどこかで妥協するしかありませんでした。

 

別の場所に階段を2つ設けるということは、

それだけ部屋が狭くなるということなのです。

 

設計士の頭を悩ませた

階段手すり

 

 結局、階段を2つ別の場所に造るこの方法でした。

 

ここまでくるのに階段の設計だけで

かなりの時間がかかっています。

 

「どうしてそんなに階段にこだわるの??」と

半ば設計士さんも呆れ顔でした。

 

長い間文句も言わずに付き合ってくれた夫にも感謝です。

 

想像していたサーキュラー階段にはなりませんでしたが

完成後は、自分や家族が明るく気持ち良く幸せだと感じてくれる

インテリアの一部になったのは良かったと思います。

 

悩んだ期間は長かったのですが

こだわりを持って一つずつ実現させていく…

この積み重ねが、自分たちらしいインテリア・スタイルを

つくっていくのだと思います。

 

 

玄関

 

お花たちが「いらっしゃい」「お帰りなさい」って、出迎えているようでしょう?(*´艸`)

 

ひまわり

 

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

スポンサーリンク 

ゲーム感覚で参加中~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ

 

 

Pocket