Pocket

ギャラリーで見かけるピクチャーレール。自宅でも絵画の掛け換えで何度も壁に穴を開けたくないときに使える便利なものとして人気があります。

ピクチャーレールは絵を飾るだけでなく、飾り棚からちょっとした収納まで幅広く使えます。またインテリアレールと呼ばれることから、スタイリッシュな空間の演出もできます。

今回はそんなピクチャーレールの参考例をまとめました。

ピクチャーレールは万能!飾り棚から収納までオシャレな活用法をご紹介します!

“飾る”お部屋の演出を操れる!

穴を開けずに絵画や時計が飾れる

ピクチャーレール

出典元:TOSO

寂しい壁に絵画やポートレートを飾りたい!と誰もが思うことですが、賃貸住宅や壁に穴を開けたくない方は我慢していることもありますよね。

こんな場合にピクチャーレールは活躍してくれます。絵画や時計など季節に合わせて壁に穴を開けることなく自由に取替えができます。

観葉植物を愉しむ

ピクチャーレール

出典元:TOSO

いつもの観葉植物をぶら下げてみると、また違った葉っぱの表情が出てきて愉しめたりします。最近流行っているエアープランツは天井に穴を開ける必要がありますが、ピクチャーレールなら好きなところへ手軽に取り入れられます。

スポンサード リンク

“引っ掛け”ラクラク収納で簡単!

キッチンの引っ掛け収納に

ピクチャーレール

出典元:TOSO

キッチンまわりの収納は作業スペースを確保するためになるべくモノは置きたくないものです。そんな時にも使えるのがピクチャーレールです。

自分の作業スポットに取り付ければ自在に動かせて便利な収納ツールになります。

*取り付けは穴を開けるタイプと強力な粘着テープを使う場合がありますが、自信がない場合は業者に頼んだ方が安心です。

机まわりのちょい掛け

ピクチャーレール

photo credit:allabout

お子さんの机まわりをスッキリさせたい場合などに、簡単にチョイ掛けできるピクチャーレールは頼もしい味方です。ランドセルの置き場所って困ってしまいますが、引っ掛けるだけなら子どももやってくれそうです。

洋服だって掛けられる

ピクチャーレール

出典元:TOSO

許容荷重15kgのピクチャーレールならバッグや洋服のハンガー掛けとしても◎。一人暮らしのお部屋のような狭い空間にワードローブ感覚でハンガーを掛けることができるのでオススメです。

“吊り下げ”自由な発想で愉しむ!

小物類を下げてみるとオシャレに見える

ピクチャーレール

出典元:Sekisuiinterior

引き出しの中にしまっておきたくなるような小物類。でも発想を変えて、あえて自由に吊り下げたり挟んでみると、なんだかユニークな新感覚に。

こんな自由な発想を愉しめるのも吊り下げられるピクチャーレールだからできるもの。

クリアなアクリル板でスタイリッシュに演出

ピクチャーレール

出典元:Picot

透明なアクリルの棚板で空間の演出をスタイリッシュにディスプレーすることができます。吊り下げることで床のスペースが広く使え、圧迫感を感じさせないところも非常に魅力です。

↓こちらのショップは無料で希望のサイズにカットしてくれます!↓

まとめ

画像のように取り付けたい場合は、リンク先に詳しい説明が載っていますので必要なワイヤーやランナーを参考にしてください。

初めてお使いになる場合はセットになっているものから始めると分かりやすく便利です。

取り付けの際は注意事項をよくお読みの上、取り付けましょう。賃貸の場合は事前に確認を取る必要があります。

スポンサード リンク

 

ゲーム感覚で参加中~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

Pocket