Pocket

お部屋の雰囲気を簡単に変えてくれるラグは、アクセントになって季節感も表現してくれます。春夏のラグから秋冬のラグへとそろそろお部屋の着せ替えをしてみましょう。

ラグは合わせ方次第でインテリアのセンスもアップします。どんな合わせ方がぴったりくるのか、参考になれば幸いです:)

今回は秋冬のお部屋はラグマットのコーディネートでおしゃれ度アップ!をご紹介します!

 

白銀をイメージしたホワイトのラグコーデ

ラグ

photo credit:flickr.com/

ホワイトインテリアで統一されたお部屋はラグも徹底してホワイトに。白銀を思わせるホワイトのコーディネートは、北欧風のお部屋をイメージ。

壁のウォールデコの文字がおしゃれ度をアップしています。

 

キッチンとダイニングのラグを合わせる

ラグ

photo credit:kansei

キッチンマットとダイニングマットのデザインを秋色カラーに揃えて統一感のある空間に。木目調のキッチン扉とのコーデともぴったりで落ち着いた秋の雰囲気に。

 

足元からチェンジ

ラグ

photo credit:scrapbookofstyle

足元に丸いラグマットを敷くだけでもお部屋の印象がグッと秋っぽくなります。ファーの付いたルームシューズでグレーにコーディネート。

ポイント的に足元にラグを敷くだけでも冷える冬場には暖かさがプラスされます。

 

 スポンサード リンク

 

暖色カラーで鮮やかに

ラグ

photo credit:scrapbookofstyle

暖色カラーの明るめのラグなら、暗くなりがちな秋冬のお部屋がパ~っと明るくなりますね。落ち着いた地味な色になりがちなお部屋は、ラグに明るいカラーを持ってくると雰囲気を簡単に変えることができるのでオススメです。

 

 ウォームカラーでトータルコーデ

 photo credit:houzz
 
ウォームカラーを使った参考例ですが、こちらはお部屋全体を秋色トーンにトータルにコーディネートしたお部屋です。先ほどのラグ一枚でつくるお部屋の表情とはまた違った素敵なお部屋になっています。
 

毛糸のラグを使う

ラグのある部屋
 
 
モコモコの毛糸のラグは冬ならではの可愛さです。見た目も暖かそうでゴロンとくつろぎたくなりますね。お部屋全体に敷くというよりは、アクセントに敷いてみるとモコモコ感が可愛い冬のコーデになります。
 

リビングであることを主張する敷き方

 
ラグ
 photo credit:myidealhome
 
毛足の長い大きめラグマットをリビング全体に敷いた参考例。家族のくつろぎの場であるソファまわりはすっきりとさせて、暖かくフカフカしたラグでリラックスできる空間に。
 
リビングのスペースが強調され、ダイニング続きのお部屋に境界をつくってくれます。
 
 

アクセントにファーを投入

 
ラグ
photo credit:lottilou
 
ファーがあると一気に冬モードに。アクセントに入れて暖かみをプラスしたり、いろいろな形のファーがあるのでリビングに投入しておしゃれに演出してみましょう。
 

まとめ

秋冬のラグはウォームカラーや毛糸、ファーといった暖かさが感じられるラグにするとお部屋の雰囲気が変わります。家具によって簡単に取り替えられない場合は、アクセントラグで秋冬感を出してみるといいですね。

また白は冷たいイメージを持ちますが、参考例のように白銀をイメージした北欧風のコーディネートもおしゃれです(お部屋は寒くないですからね)。

 

スポンサード リンク

 

ゲーム感覚で参加中~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ


最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

 

Pocket