Pocket

 しそジュース

暑い夏はさっぱりした飲み物が欲しくなりますね。わが家は毎年しそジュースを作って飲んでいます。

しそジュースは、脂肪が付きにくくなるダイエット効果夏バテ防止疲労回復食中毒予防にも効能があると言われています。

とはいえ、ダイエット効果が期待できるといっても、レシピを見ると1.5ℓの水に対し砂糖が600gも入ってるという、かなりヘビーな糖分の多い飲み物でもあります。

そこで今回は、糖分が少なくてもさっぱりとした美味しい作り方のご紹介です。

この夏はしそジュースで暑い夏を乗り切りましょう!

関連記事‣ゴーヤの効能がすごい!サクサク美味しいゴーヤチップスの簡単レシピ

 

スポンサーリンク

 

用意するもの

・赤しそ300g
・水1.5ℓ
・砂糖300g
・レモン(ポッカレモン)50ml
・保存ビン

 

美味しいしそジュースの作り方

しそジュース

 

1.水でよく洗います

しその葉

赤しそ300g用意します。だいたい300gで400円~500円といったところでしょうか。

 

洗ったしそ

大き目のボウルに少しずつとって水洗いをしていきます。砂や汚れを落とし、3回くらい繰り返して念入りに洗っておきます。

 

2.しそをゆでます 

しそ煮る

大き目の鍋に水を沸かし沸騰したらしその半量を入れてゆでます。3~4分菜箸でかき回しながらゆでると赤いしその葉が緑色に変わっていきます。

ゆで上がったらザルに取り、残りの半量を再び鍋に入れゆでていきます。同じ要領でゆで上がったらザルに取り汁気をきっておきましょう。

完全に冷ましてからしその葉をかるく絞り、残りの汁もすべて鍋へ戻します。

 

3.砂糖を加えます

投入砂糖

鍋を火にかけ砂糖300gを投入してよく溶かします。

*レシピによって砂糖の分量はいろいろです。今回は1.5ℓに対して砂糖の量は500~600gでしたので、その半分の300gにしています。

砂糖が半量でも水や炭酸水で割っても甘くてさっぱりとした美味しさになります。もし、甘みが足りないと感じたらガムシロップやハチミツを加えるとコクが出て、お子さんも美味しく飲めますよ♪

 

4.レモンを加えます

ポッカレモン

クエン酸を使うやり方もありますが、レモンでもOKです。なければポッカレモンを使ってください。粗熱をとった鍋の中に、レモン汁50mlを入れます。

 

5.保存ビンに入れて冷蔵庫で保存します

しそジュースボトル

保存ビンは熱湯消毒しておきます。完全に冷ましてから保存ビンに入れて冷蔵庫で保存しましょう。

関連記事‣レモンの効能は良いことづくし♪簡単に作れるレモンシロップの作り方

 

完成!

 しそジュース

炭酸や水、お酒などで割るときは3:7で、3をしそジュースにすると美味しいです。冷蔵庫に保存しておけば急な来客時にもサっと出せて重宝します。さっぱりとしたしそジュースは大変喜ばれますよ。

 

まとめ

レモンや砂糖が入っているので常温保存も可能ですが、砂糖の分量を少な目にしているため冷蔵庫保存でも1~2か月で飲みきる目安にしてください。

スポンサーリンク

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ にほんブログ村

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

Pocket