Pocket

勉強机

小学生の頃は兄弟で一緒のお部屋を共有しているご家庭も多いと思いますが、中学生あたりから“自分の部屋”が欲しくなっていきますよね。

中高生になると、部活の道具や勉強関係の書籍類もびっくりするほど多くなっていきます。

そこで今回は、『ベッド・机・収納』を考えたお部屋のレイアウトをまとめてみました。海外のティーンエイジャーのおしゃれ部屋を参考に、狭いお部屋を広く見せるアイデアもあります。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

ベッド周りの収納例

中高生のベッドルーム

出典:http://www.ultimatechristoph.com/

中高生になると参考書や教科書の書籍類がかなり増え、参考書も厚みがあったりします。収納量が十分に取れる本棚は何かと助かってきます。

こちらはベッドの両サイドに高さのある本棚を配置した参考例。ベッド周りに配置する良さは、寝ながら本が読めることですね。

ベッドヘッドにお気に入りのステッカーを貼ってアクセントをつけてみて。

 

機能性重視でコンパクトに

中高生の部屋

出典:http://designmag.fr/

子供部屋は6畳あれば十分な広さですが、現実はもっと狭いお部屋が多いです。狭さを克服するために、シンプルで機能性を重視するのが一番です。

コンパクトな家具を使ってレイアウトに工夫をしてみたり、ごちゃっと見えないスッキリとしたカラーをチョイスすることも大事です。

狭いお部屋の良さは、『動線が短くて済むこと』。使い勝手重視でいきましょう♪

関連記事⇒子どもの学習机。壁を活用した収納とおしゃれになる配置の参考例

 

広い部屋の参考例

中高生の部屋

出典:http://designmag.fr/

広~いお部屋ならなんでも置けちゃう!という参考例。部屋の中にソファがあるのは贅沢ですね~。

『音楽好き』が伝わってくるインテリアに注目してみると、全体をグレートーンでまとめ壁のデコレーションで何倍もカッコよく見せています。

大人っぽい部屋に憧れてる男の子諸君、カラーの使い方など参考にしてみましょう^^

 

壁に寄せるレイアウト

中高生の部屋

出典:http://www.interiordesign2014.com/

部屋の中心をぽっかり空かせるように家具や机を壁に寄せたコの字レイアウトです。

窓の周りには家具を置かないようにしがちですが、背丈の低いデスクなら採光も妨げません。これなら有効に活用できますね。

全体をビビットなカラーでまとめた男の子らしい元気な部屋の印象になっています。

 

モノクロシンプルでおしゃれに

中高生の部屋

出典:http://decor-de-metal.com/

部屋は正方形や長方形ばかりではありません。こんな感じでデッドスペースがあって使いこなせないお部屋もあるでしょう。

狭いお部屋の鉄則であるシンプルトーンを使って、モノクロで北欧っぽくおしゃれにまとめてみてはいかがでしょうか。

部屋の狭さやコンパクト家具もチープさを感じさせずに、むしろおしゃれ感を狙ってみるのもアリです☆

関連記事⇒【小学生の部屋】狭くても収納たっぷりで広く使えるレイアウト参考例

 

部屋を広く見せる遠近法

中高生の部屋

出典:http://www.rrrz.com/

部屋を広く見せる効果がある遠近法を使った参考例です。

思いっきり大胆に壁一面を使ったウォールペーパーは、部屋の広がりを感じさせるために遠近法を使ったデザインになっていて、また同時におしゃれな空間もつくれます。

関連記事⇒モテ男のインテリア☆おしゃれな部屋づくりを成功させるコツ

 

クローゼット収納の参考例

中高生の部屋

出典:http://www.bkgfactory.com/

クローゼットのレイアウトは、
・取り出しやすい位置にはよく使うものを
・小物類はケースに入れてまとめる
・使用頻度の少ないものは上部へ

がクローゼット収納の基本です。

男の子は畳んでしまったり、ハンガーに掛けて収納することを嫌がるので、せめて何がどこにあるかが分かるように見える収納にするのがオススメです。

何でも入れられる袋があるのはいいですね。部活道具など、放りこめそうです。

中高生の女の子のお部屋⇒【中高生のインテリア】お部屋をおしゃれにコーディネートするコツとは?

 

まとめ

中高生の男の子は片づけはとにかく面倒に思うので、収納しやすい工夫や見やすい配置にしてみましょう。

狭さを感じさせないためには、すっきりシンプルな家具やカラーを統一させるなど、見た目の“ごちゃ感”をできるだけなくします。

ウォールペーパーやベッドカバー、ラグのチョイスでお部屋はおしゃれに変化するので、お子さんと一緒にコーディネートを楽しんでみても素敵です。

スポンサーリンク

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ にほんブログ村

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

Pocket