Pocket

タッパーウェア引き出し収納

どんどん増えてかさばるタッパーウェアの収納は、どこにどうしまうかとても悩ましいところです。

こちらの記事でブロガーさんのタッパー収納の参考例をまとめています⇒かさばるタッパーをすっきり収納させるアイデアまとめ

わたしはキッチン収納の記事をウェブメディアでたくさん書いてきて思ったのですが、スッキリ収納させるためには3つの共通のポイントがありました。

1.タッパーのサイズと個数を決める  2.ケースを使って収納する 3.コンパクトにまとめる

このポイントを使ってかさばるタッパーウェアを引き出しの中にスッキリと収納してみました。

今回のキッチン収納は、幅20cmのどこのご家庭にもある引き出しです。全部で上・中・下の3段のタッパー以外の収納もあわせてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

キッチンの引き出し収納

キッチン収納

今回のキッチンの引き出しは、こちらの場所。

食器洗浄機の左隣りの幅20cmの狭い引き出しの中です。

 

‣IHコンロの脇の引き出しには調味料を⇒コンロ脇の引き出し収納活用法。片手で料理ができて一秒で片付きます!

‣コンロ下の引き出しにはお鍋やフライパンを⇒伸縮式フライパンラックの良さとコンロ下の引き出し収納

 

この場所は、キッチン作業で一番立つことの多い大事な場所ですね。

この引き出しの中には、キッチンツールや使いかけの調味料ボトルを収納していたのですが、すべて他の場所へ移動させました。

タッパーは広い引き出しの中にしまっていたのですが、どんどん増えてしまい場所を取ってしまったので(汗)、コンパクトな場所で適量のタッパーウェアを収納しようと思ったのです。

 

ポイント1.タッパーはサイズと個数を決める

タッパーウェア

タッパーが増えてしまった原因は、100均へ行くたびについ買ってしまったり、まとめ買いをしているうちにどんどんたまり、サイズもバラバラになって収納場所に困ってしまいました。

なので、よく使う大・中・小サイズと使う個数を揃え、それ以上増やさないことにしました。劣化による補充も同じメーカーで揃えます。

全部でMAX20個。これがわが家にとって適量だったのです。

「どうやって適量がわかったか?」というと、一週間にどのサイズをどれぐらい使ったか覚えておくと、だいたいの敵量がわかりますよ。

ここはご家族の人数や年齢、食材の保管方法でも変わってくると思います。

さて次にすることはポイントの2、ケースを買うです。

 

ポイント2.タッパーを入れるケースを用意 

クリアケース

幅20㎝の引き出しにぴったり収まるサイズのケースを100均で2個用意しました。高さのあるケースならフタが倒れることもありません。

引き出しの中にぴったり納まるケースを探すのが大変なんですよね。。

 

ポイント3.コンパクトに収める

タッパー

こんな感じでタッパーとフタを縦・横いろいろ向きを変えながら入れてみます。

いい感じでぴったり収まりました。

 

引き出しの中のタッパー収納

タッパーウェア引き出し収納

2段目の引き出しに入っています。ケースに入りきれなかったタッパーやプラスチックの箱はそのまま入れています。

この場所はこれがベストだという感じです。

 

お弁当関係は一番上の引き出しに

カット

以前はこの場所にこまごまとした使うものを入れていましたが、それはまた別の場所に移動。

中にしまうモノは、お弁当箱2つ、ふりかけ、おむすび用の袋、紙ケース、スティック。(男子ですが、ピンクとかミッキーとか関係ないです笑)

引き出しにピッタリ収まるケースを探し、小ケースはスティック、中ケースには紙ケースやおむすび用の袋、長いケースにはダスターを必要サイズに切って入れています。

 

ブックスタンドは優秀

収納お弁当

2つ重ねたお弁当箱はズレてこないようにブックスタンドで固定。ブックスタンドは自在に動かせるので優秀ですね。

 

下の引き出しには重いモノ

収納ビール

一番下の引き出しにはビールやサワーなど、缶ものを収納しています。

もうここの3つの引き出し収納は、これでOKかなという感じです。・・・というか、ぴったりハマると動かしたくないです。(笑)

 

こちらの記事もどうぞ

来客が来てもサッと出せて使い勝手が良くなるカップボードの収納法
カトラリーの引き出し収納術。100均ケースとケユカを使ってぴったりスッキリ!
100均のケースを使ってスッキリおしゃれなコーヒー紅茶の収納をめざす!

 

まとめ

引き出しの中をスッキリ収納させる3つのポイントで実践してみました。

タッパーはケースの中に収まる個数にすることや、引き出しのサイズに合わせたケースがスッキリまとまるコツのようです。

わたしは収納アドバイザーでもなければオーガナイザーでもありませんので、収納は日々四苦八苦しています。収納はケースだらけになると逆に融通が利かなくなってしまうのですが、分別しやすくなるというメリットもありますね。

ピッタリ合うケースを探すので消耗してしまったり、サイズが合わなくて収納できずにケースを捨ててしまったことも何度もありました。

なかなか形から入るのは難しいところではありますが、ムダなくすっきり収まる収納になればうれしいです^^

スポンサーリンク

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ にほんブログ村

 

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

 

 

Pocket