Pocket

 ベランダ

画像元:willgarden

「ベランダをプチガーデンとして花や植物、家庭菜園などを楽しみたい」「子どもたちが裸足で自由に出入りできるスペースとして使いたい」または、「ヒートアイランド対策などで「すのこ」や「芝」を敷きたい」などの場合があると思います。

これらを敷く際にいろいろと心配や疑問が出てきているようです。よくある心配な点と疑問から解決方法をまとめました。

今回は【質問まとめ】ベランダにすのこや芝を敷くときの疑問を解決!をご紹介します!

 スポンサーリンク

 

ベランダのすのこ 問題

ベランダにすのこを敷きたいA さん
ベランダにすのこを敷きたいけどカビや腐らないか心配なのよね

 すのこ

画像元:kohnan-eshop

 

すのこはカビや腐ったりしないの?

手っ取り早く安価で済むすのこは便利な「すのこ」ですが、天然の木を使っているのでカビや腐れはどうしても起こってきます。そのため数年ごとのメンテナンスが必要になったり、買い替えが出てくる場合もあります。また、虫や埃など溜まりやすくなるためこまめの掃除が必要です。

1.防虫防腐加工のウッドタイルを使う

はじめから防虫防腐加工がされているウッドタイルなら、長年に渡って直射日光が当たるベランダの劣化や雨による湿気・カビの心配がなくなります。ウッドタイルは「すのこ」の様にナチュラル感がを出したいベランダに最適です。

 

ベランダすのこ

画像元:エクスリッチ

2.オイルステインを塗布する

安価におさえる「すのこ」を使う場合は、DIYをよくやる人にはお馴染みのオイルステインを使いましょう。オルステインは防腐・防虫・防カビ効果があると言われています。

塗り方の動画をご覧ください。

 

ベランダに敷く芝の問題

芝生に憧れるB さん
ベランダに芝を敷いても大丈夫かしら?

 ベランダ芝

画像元:midori.com

ベランダに天然の芝生があるとヒートアイランド効果があるため、敷き詰めたい方も多いと思います。また緑色が欲しいための本物そっくりの人工芝も人気です。どちらがいいかはそれぞれ一長一短があります。

人工芝は水はけに問題があったり、埃や髪の毛が溜まりやすくヒートアイランドの対策はできません。
天然芝は天然ゆえの枯れの心配や水やり・肥料の手間がかかりますが、ヒートアイランド効果が期待でき何と言っても天然の芝には魅力があります。

1.手入れのかからない人工芝にする

最近では本物そっくりな人工芝を探すとたくさん見つけることができます。見た目も天然芝と見分けが付かないほどで、一年中青々とした芝は土いらずで枯れる心配がありません。水はけは水通し穴が付いているので、雨が降っても快適な状態を保つことができます。

 

人工芝

画像元:おとぎの国

 

2.天然の芝マットを敷き詰める

ホームセンターなどで手に入る天然の芝マットは、お店に足を運び芝を直接見てみましょう。季節によって芝の状態に差があるので適した時期に購入して敷くことをオススメします。

関連記事‣天然芝と人工芝の違いは?実際に施工した方法と費用などQ&Aにすべてお答えします!

 

IKEAのデッキも注目!

IKEAのフロアデッキ

IKEAのフロアデッキは必要なサイズにカットすることができて、柱などのコーナーに合わせて敷き詰められるウッドタイプです。

フロアデッキ

画像元:ikea.com

 

 

プラスチック製のフロアデッキ

同じくIKEAのプラスチック製のフロアデッキ。プラスチック製は水洗いなど掃除がしやすいのが利点です。

フロアデッキ

 

 

ガーデニング用品のオススメショップ

人気の天然木を使用したウッドタイルはコンクリートのベランダの温度差から足元を守ってくれます。雨水などの溜まりはカビの原因になってしまいますが、こちらは隙間が施されているので水が地面へと流れるような仕組みになっています。

パズルのように簡単に組み合わせができてカラーと模様のバリエーションが豊富なので、ベランダに合わせたウッドタイルを見つけることができます。

他にも超リアルな人工芝などきっと欲しいガーデン用品が見つかります!

 

激安特価のガーデン関連の通販はこちらから詳しくご覧いただけます‣ ガーデン通販

 

あわせて読んでおきたい記事

狭いベランダでもOK!素敵なベランダガーデンをつくる参考例とポイントをご紹介♪

天然芝と人工芝の違いは?実際に施工した方法と費用などQ&Aにすべてお答えします!

 

まとめ

賃貸住宅でベランダに天然芝を敷く場合は、土の運搬が必要だったり虫が発生するため隣人に許可をとったり、管理規約書などを読んだ上で敷くことをオススメします。天然芝の育て方はホームセンターや植物を取り扱うお店で詳しく聞きましょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ゲーム感覚で参加中~Thank you~

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ
にほんブログ村

 スポンサーリンク

 

 

Pocket