Pocket

 白レンガ

リビングルームの内装をおしゃれにワンランクアップさせるのが壁紙クロスです。

カラーや柄などを取り入れることでお部屋の一部分にアクセントが付いたり、インテリアに合わせた色彩を壁に持ってくることで洗練された空間に生まれ変わります。

「ちょっとこのカラーは冒険だなぁ」と思っても、インテリアに合わせたコーディネートにすると驚くほどおしゃれになります。今回はリビングルーム限定の全11色のおしゃれな実例集をご紹介します。

それではスタート!

スポンサーリンク

 

ブルー系

Tropical Living Room
 
ライトブルーでコーディネートしたインテリアはトロピカルなイメージに作りやすいです。
トロピカルは爽やかな夏のテーマでもありますが、クッションなどのファブリックを季節ごとに替えるだけでオールシーズン違和感なく馴染むカラーと言ってもいいでしょう。
 

ブルーのダマスク柄でエレガントに

New Concerning  for the Lifestyle Bibosai
 

同じライトブルーでもダマスク柄になるとエレガントになり、英国風の家具で高貴で華やかな雰囲気になります。

 

ピンク系

Prettypegs in the Living Room
 
ピンク系はビビッドからパステルまで幅広いお色ですが、なかなか使い方が難しいです。
やさしい雰囲気を出しながら甘さを抑えるなら、アクセントにレンガ柄にしてみると大人っぽいキュートな感じになりますね。
 

ピンク一色

Parade of Homes 2011
 
2016年のトレンドカラーでもあるコーラルピンクは女子力をUPさせてくれるような可愛いピンク。
天井から壁、カーペットまでピンク一色で全体をトータルコーデ。
 
 

オレンジ系

オレンジはビタミンカラーと言われていますが、壁紙クロスに持ってくるとどんな感じになるでしょうか?

Manhattan Apartment inspired by the Federal Style
 

こちらは淡いオレンジを選んでみました。ピンクとはまた違ったやわらかで明るい印象になります。
オレンジ単色で使うより、カーペットやチェア、雑貨などに同系のオレンジを入れると統一感が出てきます。

 

ビビッドなオレンジ

272 Manhattan Aveune
 

オレンジといったらやっぱりビビッドを感じさせたパンチの利いた果実のイメージ。
元気になるカラーはお部屋全体で使うというよりは、アクセントカラーの差し色がちょうどいい感じ。

 

グリーン系

My Interior
 

目にやさしいグリーンは落ち着ける色でもあります。グリーンとブルーの組み合わせで大人リビングに。
大型の観葉植物がグリーンインテリアに映えています。

 

ボタニカル

Small Spaces Makeover with Fashion Blogger WeWoreWhat
 
同じグリーンでもボタニカルでアクセント的に入れてみると南国風のイメージになります。
ボタニカルは思い切り大胆に大きな葉っぱの絵柄ぐらいがおしゃれに見えるポイントです。
 
 

グレー系

Ohtakanomori PJ
 

落ち着きのあるグレーは都会的なイメージを作るカラーとして人気。
全体的にグレーでコーディネートをするのは失敗が少ないですが、暗いイメージになるのがデメリットですね。どこかにカラーをプラスしたいところです。

 

グレーのソファと合わせてみる

FALSE CREEK CONDO
 

アクセントクロス+ソファ+カーペットをグレーに統一した組み合わせ。
飽きのこないライトなグレーは、3つのトータルコーデでシックでありながら清潔感のある印象になります。

 

ブラウン系

Living Rooms
 

グレーに近いですがブラウンです。かなりシブめの落ち着いたリビングに。

 

レンガと板張り

Interiors
 

ブラウンのレンガや自然派の板張りをインテリアの一部にした参考例。暖色系の暖かいお部屋の印象になっています。
この場合のポイントは、床の質感も壁に合わせないと浮いた感じになりそうですが、いかがでしょうか。

 

ベージュ系

BRERA ブレラ 
 

ブラウンより淡くてやさしいイメージになるベージュ系。
ベージュはいろんなインテリアに合わせやすいカラーでもあります。

 

和風にもぴったり

向日町のいえ
 
どんなインテリアにも合わせやすいベージュは和風の木の風合いともぴったり。
お部屋全体が和みのある温かい空気感に包まれそうです。
 
 

パープル系

Morrison living room/dining room, Interior Design Toronto
 

奇抜でありながら高貴なイメージが強いパープルは、どんなインテリアに仕上げるかによって選び方が変わってきます。
スタイリッシュな家具に合わせると洗練されたリビングに。

 

ライトパープルでクールに

Appartamento a Milano
 
こちらはお部屋全体をライトパープルにしていますが、美しいお色ですね。
合わせる家具によってクールな印象にもなります。
 
 

イエロー系

A sun filled Living Room in New Jersey-Peter Rymwid Photography
 
 
クリーム色に近いイエローはエレガントなインテリアにもよく合い、白いモールディングの装飾とも合わせやすいお色です。
 
 

キッチンの背面をイエローにした参考例

 
TaBULa
 

とても素敵なお宅ですね。黄色がファミリカラーになってるのでしょうか。カラーづかいに目が行ってしまいます。
長いキッチンカウンターもおしゃれですが、濃い黄色がLDKを引き締めている印象です。

同じ黄色でもインテリアによって印象が変わってきますね。

 

ブラック系

mathilde

 

アクセントクロスで背面にブラックを。ディスプレーをライティングでおしゃれに見せています。
黒板のようなブラックの壁も一部分ならこんな見せ方もできますね。

 

ブラックの柄

Seaholm Condo, Austin Texas
 
 全体的ににブラックの印象が強くなる無地の壁紙クロスと違って、控えめなブラックの柄になると都会的な雰囲気になります。
 
 

ホワイト系

白壁のお宅はとても多いと思いますが、素敵なアイデアをご紹介します。

施工事例-セラミックタイル 
 
白レンガはこのままでもおしゃれにお部屋のアクセントになります。でも、こんな感じにウォールステッカーをポイント的に貼ってみてもすごくカッコよくなりますね。
ここがちょっと寂しいな、と思ったところへステッカーを貼ってみてはいかがでしょうか。
 
 

床と天井がフローリング

自然素材を活かしたナチュラルな家
 
ナチュラル感たっぷりな天然の木を十分に生かしたリビングルーム。
白と相性のいい木はまさにぴったりです。
 
 

最後に

壁紙クロスでインテリアがこんなに素敵にアップします。今回まとめてて思ったことは、壁紙のお色はクッションやカーペット、ソファなどのファブリック類にカラーを共通させることでお部屋全体が失敗なくおしゃれにまとまる、ということに気づきました。

みなさんはいかがだったでしょうか?

スポンサーリンク

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア情報へ にほんブログ村

 

最後までご覧くださりありがとうございましたm(_ _ )m

 

 

関連記事

Pocket