不動産情報

こんなマンションに住んでみたい!後悔しないマンション選び

投稿日:2015-08-22 更新日:

マンション

新築マンションの購入を考えるとき、何を条件にあげますか?間取り・立地・面積・インテリア…など、一生に一度の大きなお買い物。

後悔しないように慎重に選びたいですよね。

モデルルームを見学する時は、設備や収納の充実性など、日常と密になっているものをしっかりチェックしておきましょう。今回は4人家族の設定でシミュレーションしてみました。

こんなマンションに住んでみたい!後悔しないマンション選びをご紹介します!

余裕のある4LDKは魅力

4LDK

例えば夫婦2人に子どもが2人の4人家族の場合、3LDKの部屋数は十分です。ファミリー向けならこのタイプを選ぶことが多いですね。

ですが、理想はもう一部屋欲しいところです。両親が泊まりに来た時やゲスト用の寝室として、または書斎や和室コーナーとして一部屋あると何かと余裕が出てきます。

 

南向き角部屋は採光が最高!

リビングルーム

広々としたリビングダイニングに南から入ってくる明るい日差しはやはり重要。角部屋なら尚のこと、開放感もあり高層なら景色も眺められます。

南向きの角部屋は十分な明るさを確保できるので人気が高くお値段も高くなりますが、開放的で広々としたリビングルームは自然と家族も集まってきます。

 

収納が充実している

クローゼット

各部屋のクローゼットやシューズクロークに十分な収納が完備されているか、また洗面所やトイレといった狭い空間でも、家族がそれぞれ使うモノが収納できるかも大事なところ。

結局、収納が少ないと部屋に収納家具を置かなくてはなりませんので、部屋を広く使うためにもチェックしておきたいところです。

 

使い勝手がいい、キッチン設備

キッチン

キッチンの設備などは部屋のグレードによってそれぞれ変わる場合があります。また対面式や独立型、オープンタイプなど、ダイニングルームとつながる動線をどうするかで部屋の間取りが変わってきます。

キッチンは主婦にとって大事な場所ですので、収納や作業台の高さ(使い勝手)、掃除のしやすさ(汚れが拭き取りにくい扉材もあります)は慎重にチェックしましょう。

 

程よい広さが欲しい、トイレルーム

サニタリー

一般的にマンションのトイレの広さは1坪もなく、良くて0,5坪といったところでしょうか。狭く窮屈なトイレは圧迫感があり、読書や新聞を広げて読むなどはやりずらいですね。

最近ではトイレ事情も良くなったマンションも増え、画像のようにゆったりと座れトイレ内にミニボウル付きのところもあります。

 

ホテルのようなドレッシングルーム

ドレッシングルーム

ドレッシングルームは常にキレイで清潔に使いたいものです。収納も十分ありある程度の広さがある洗面台なら、家族が同時に重なっても使いやすいです。

 

子ども部屋に工夫がしてある

子ども部屋

子ども部屋は一番狭い部屋を与えませんか?狭い部屋に家具を置くとあっという間に場所がなくなってしまうので、作り付け家具(収納)があるマンションを探すのも一つです。

 

専用庭から一望できる街なみ

バルコニー

リビングから街を一望できる高層マンションは素敵ですよね。専用の庭(ベランダ・バルコニー)には植物など育てたり、眺望を眺めながらお茶をしたいですね。

昼下がりのティータイムや真夏の夜は花火が見れたりなど、眺望が楽しめたら最高です。

 



-不動産情報
-,

Copyright© インテリア情報局 , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.